お酒のキャッチコピーに学ぶ、新製品の伝え方

LINEで送る
Pocket

今回は

不世出のコピーライター、
秋山晶さんから
教えていただきます。

 

ご紹介する
キャッチコピーは、
「僕は誰にも似ていない。」

 


(秋山晶全仕事:広告批評の別冊)

 

なんと30年以上も前に
作られた、
キャッチコピーなんです。

 

キャッチコピー、
特に新製品のキャッチコピー
いいたいことは
ただひとつ。

 

“新しい”

ということです。

 

この
“新しい”
いうことを

 

これほど見事に
表現した
キャッチコピーを

 

僕は

知りません。

 

おそれ多いとは
知りながらも
ダウンフレームさせて
いただくと、

 

「○○は誰にも似ていない。」

 

実は、
この「僕は誰に似ていない。」を
ダウンフレームしただろう
キャッチコピーを

 

これまで
いくつも見たことが
あります。

 

けれど、
どれももちろん
「僕は誰にも似ていない。」
を、

 

けっして
こえることは
できていませんでした。

 

それでも、
もしあなたが
素晴らしいダウンフレームが
できたとしたら、

 

ぜひ、
教えてくださいね。

 

この
キャッチコピーに
先立つ

「時代なんかパッと変わる。」

秋山晶さんの作品です。

 

「とにかく、「時代」は変わる」
 ということをいいたかった。」

とおっしゃった秋山さん。

 

「“なんか”も“パッと”
 これだけの時代のプレッシャーに反発する
 変化へのものすごい希望なんですね。」

ともおっしゃいました。

 

あれから30年以上の
月日が流れ、

時代は変わったのでしょうか。

 

そして、
いまの時代も
変わらなければならない

 

そんな
時代なのかも
しれません。

 

あしたも
いっしょに
頑張りましょう。

 

僕らに
時代を変えることは
できないかも
しれませんが、

 

僕ら自身が
変わる
ことは

きっとできる
はずですから。

野崎 美夫
1958年、横浜生まれ。同志社大学文学部卒業。
広告企画制作・株式会社エヌワイアソシエイツ、総合広告代理店・株式会社インターストラテジー、ソーシャルメディア専門広告代理店・株式会社ソルト等の経営者であり、広告プロデューサー、ブランディングプロデューサー、コミュニケーションクリエイター、ディレクター、コピーライター、コーチ、セミナー講師、作家、詩人として幅広く活動。大手企業の広告キャンペーンを手がけ、多くの商品をヒットに導く。30年以上の広告人としてのキャリアの中で培った、商品の隠れた可能性を見つけ、付加価値を高める独自のブランディング手法を確立。そのブランディングノウハウを広く提供し、著名人の撮影やクライアントのパーソナルブランディングをプロデュース。プロフィール構築からポートレート撮影、目標達成や成功をサポート。クライアントは多岐にわたり、カリスマブランディングプロデューサーとしても定評を集める。マイケル・ボルダック認定コーチ。経済産業大臣登録中小企業診断士。

1行100万円のコピーライター 野崎美夫が教える世界一カンタンな キャッチコピー 作りメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事