ビールのキャッチコピーから作る、コピーライティング実例

LINEで送る
Pocket

この50年間で、
日本で最も輝いた
コピーライターの
スターといったら、

 

この方、
秋山晶さんと
いって

 

異論を
はさむひとは
いないでしょう。

 

「男は黙ってサッポロビール」

(http://www.sapporobeer.jp/)

 

実に
いまから
45年前、

 

1970年の
作品です。

 

当時、
サッポロビールは、
軽いイメージで

 

座標的には
女性的傾向が
あったそうです。

 

それをフルボディな
男性的イメージに
移行してほしい
というのが

 

宣伝部長から
託された
秋山さんのミッションでした。

 

NHKの調査で
魅力的な男性のイメージに
寡黙があるという
データがあったそうです。

 

男、
沈黙、
サッポロビール。

 

「男は黙ってサッポロビール」

 

1行の
ボディコピーも
入らない

 

新聞広告が
刷り上がったと
いうことです。

 

恐れ多くもこの
キャッチコピーを
ダウンフレームしてみました。

 

「男は黙って○○○」

 

「○○は黙って○○○」

 

「ふたりは黙ってシャンパーニュのグラスを重ねた。」

 

結婚式の披露宴の夜、
娘を嫁がせた父親と母親が
少し寂しくなった家の
リビングでそっと乾杯している。

 

そんなシーンを
描いてみました。

 

秋山晶さんの
キャッチコピーには
および着くわけもありませんが。

 

ところで、

「男は黙ってサッポロビール」

という
新聞広告が刷り上がった夜。

 

秋山さんは
宣伝部長とバーにいって、
ふたりとも
ウィスキーを飲んだそうです。

 

「街にキングトーンズの
 グンナイベイビーが流れていた。」

 

そんなフレーズで
文章を締めくくられる
秋山晶さん。

 

実は、これ
大ヒットした
シャネルズの名曲、
「Runaway」が流れる

 

パイオニアのオーディオの
テレビCMにつづく
伏線だと僕は思うのですが。

 

さて、
そんなことは
さておき、

 

次回もまた、
秋山晶さんの

 

偉大なる
不朽の名作キャッチコピーを
ご紹介いたします。

 

お楽しみに!

野崎 美夫
1958年、横浜生まれ。同志社大学文学部卒業。
広告企画制作・株式会社エヌワイアソシエイツ、総合広告代理店・株式会社インターストラテジー、ソーシャルメディア専門広告代理店・株式会社ソルト等の経営者であり、広告プロデューサー、ブランディングプロデューサー、コミュニケーションクリエイター、ディレクター、コピーライター、コーチ、セミナー講師、作家、詩人として幅広く活動。大手企業の広告キャンペーンを手がけ、多くの商品をヒットに導く。30年以上の広告人としてのキャリアの中で培った、商品の隠れた可能性を見つけ、付加価値を高める独自のブランディング手法を確立。そのブランディングノウハウを広く提供し、著名人の撮影やクライアントのパーソナルブランディングをプロデュース。プロフィール構築からポートレート撮影、目標達成や成功をサポート。クライアントは多岐にわたり、カリスマブランディングプロデューサーとしても定評を集める。マイケル・ボルダック認定コーチ。経済産業大臣登録中小企業診断士。

1行100万円のコピーライター 野崎美夫が教える世界一カンタンな キャッチコピー 作りメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事