作詞家になりたい人へ、ダウンフレームという思考法

LINEで送る
Pocket

 

ダウンフレームというノウハウは、
なにもコピーライティングや
文章表現だけのノウハウではありません。

 

いや、実は
この世の中はダウンフレームで
できているといっても
過言ではないのです。

 

驚くような
ダウンフレーム・ファイルが
この世の中には
存在するのです。

 

まず、
このクラシックの名曲を
聴いてください。

 

パッヘルベルという作曲家が
17世紀につくった
「カノン」という曲ですが、

 

きっとあなたも
何度も
聴いたことがあるはずです。

 

つづけて、
これを聴いてください。

 

これは「カノン」をベースにした
“カノン・コード”という
コード進行で展開される音楽を
集めたものです。

 

音楽の世界に門外漢なひとには、
特に作曲は、
感覚で思いつくのを待って
つくるというように
思われるかもしれません。

 

僕もそう思っていました。

 

が、実際には、
音楽には
さまざまな理論が存在し、

 

作曲も、
単なる感覚的な
思いつきではなく、

 

さまざまな
理論や法則を駆使して、
構築していくそうなのです。

 

そして、さらに
驚くべきは、

 

この数百年前に生まれた
“カノンコード”は、
いまも不滅なヒット曲の
コード進行として、

 

ミリオンセラーになった
「愛は勝つ」をはじめ、
さまざまなヒット曲で
用いられているのです。

 

最近では、
あのももクロの
プロデューサーも

 

「愛は勝つ」に
ヒットの秘密を学んで
曲を作ったと
おっしゃっているのですが、

 

そのヒットの秘密とは、
この“カノンコード”
だったのです。

 

 

コピーはもちろん、
音楽の世界でも
活用されている
ダウンフレーム・メソッド。

 

これを活用しない手は

ありません。

 

野崎 美夫
1958年、横浜生まれ。同志社大学文学部卒業。
広告企画制作・株式会社エヌワイアソシエイツ、総合広告代理店・株式会社インターストラテジー、ソーシャルメディア専門広告代理店・株式会社ソルト等の経営者であり、広告プロデューサー、ブランディングプロデューサー、コミュニケーションクリエイター、ディレクター、コピーライター、コーチ、セミナー講師、作家、詩人として幅広く活動。大手企業の広告キャンペーンを手がけ、多くの商品をヒットに導く。30年以上の広告人としてのキャリアの中で培った、商品の隠れた可能性を見つけ、付加価値を高める独自のブランディング手法を確立。そのブランディングノウハウを広く提供し、著名人の撮影やクライアントのパーソナルブランディングをプロデュース。プロフィール構築からポートレート撮影、目標達成や成功をサポート。クライアントは多岐にわたり、カリスマブランディングプロデューサーとしても定評を集める。マイケル・ボルダック認定コーチ。経済産業大臣登録中小企業診断士。

1行100万円のコピーライター 野崎美夫が教える世界一カンタンな キャッチコピー 作りメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事