【緊急告知第7弾】3ヶ月後の起業も夢ではありません

LINEで送る
Pocket

 

日本では生まれた会社の40%

設立して1年以内に消えています。

 

 

3年以上存続する会社は

わずか38%でしかありません。

 

 

10年後にどんな世の中になっているか、

変化の激しいいま、

それを予測できるひとはいないでしょう。

 

 

 

 

だからこそ、あなたがもしこれから

起業しようとするなら、

まず設立1年目を無事切り抜けることを

目指していただきたいのです。

 

 

起業して、最も重要なことは

入ってくるお金を

最大限にすることではありません。

 

 

起業してすぐに稼げる、

すぐに利益を出せる、

それはなかなか難しい相談です。

 

 

だからこそ、

出ていくお金を最小限にとどめることが

会社を維持存続させていくために

なにより大切なことなのです。

 

 

でも、

 

起業する前に

すでに稼ぎはじめていれば

そんな心配もする必要はありません。

 

 

実際、僕が30歳で起業しようと思ったとき、

そのとき勤めていた会社の年収と同額を

アルバイトで稼いでいました。

 

 

平日の早朝と深夜、

土日と祝日で

年収と同じ額のお金を

稼いでいたのです。

 

 

それが可能だったのは、

僕がコピーライターという仕事を

していたからです。

 

 

 

 

いまのように

携帯電話もインターネットも

なかった時代。

 

 

それでも、

仕事の依頼は電話で受け、

できあがったコピーは、

ファックスで納品していました。

 

 

ある意味では、

いまと同じように、

時間にも場所にも制約されずに

自由に仕事ができたのも

コピーライターという

仕事だったからです。

 

 

しかも、

これといった設備投資もいりません。

 

 

資料として、

たくさんの本を買っていましたが、

いまの時代だったら

情報のすべては

インターネットで無料で手に入れられる

といっても過言ではありません。

 

 

ほんとうに、コピーライターほど

経費のかからない仕事はないのです。

 

 

「でも、コピーなんて

いままで書いたこともないし…。」

 

 

「作文は小学生の頃から

苦手だったし…。」

 

 

「いまもFacebookで

なにを書いたらいいのか

わからないし…。」

 

 

なるほど、そうお考えになるのも

無理はありません。

 

 

でも、まったく問題ないのです。

 

 

コピーライティングは、

ある意味、とても特殊な技術であり、

ノウハウなのです。

 

 

まず、間違ってほしくないのは、

小説や映画のシナリオとは

まったく違うということです。

 

 

普通の文章を書くことと、

コピーライティングとでは

同じ言葉を使っていても

まったく異なる仕事なのです。

 

 

コピーライティングは、

それを読んだひとに

その商品やサービスについて

興味を抱いていただき、

その商品やサービスを

買っていただくための文章です。

 

 

つまり、かんたんにいえば

はっきりした目的を持った文章なのです。

 

 

 

 

その目的に添って書くことが

最も大切なことで、

しかも、その目的に添って書くためには

どうしたらいいかというノウハウが

確立されているのです。

 

 

そのノウハウを身につけることで、

あなたも知識や経験がまったくない

ゼロの状態からでも

コピーライターとして

仕事をすることができます。

 

 

ところが、

そのノウハウが

あまりに画一的なあまり、

誰が書いても

同じコピーがあがってくるという

おかしな現象が起きているのです。

 

 

しかも、

心動かされないアオリの言葉や、

常套句の連発で

まったく読む気になれない

コピーもどきばかりが

はびこっているのです。

 

 

そんなコピーもどきでは、

商品もサービスも売れはしないでしょう。

 

 

そもそも、

ひとを動かすという

コピーライティングの目的が

まったく考えられていないのですから。

 

 

けれど、

ダウンフレーム・コピーライティングは、

ひとの心を動かすという、

コピーライティングの真の目的

かなえることを

そのノウハウの根底においています。

 

 

ただの金太郎飴のような

カタチだけのコピーライティングとは

まったく違うです。

 

 

ここに10人の整体師の方が

おられたとします。

 

 

これまでのコピーライターは、

その10人の整体師の方のコピーを

書き分けることはできません。

 

 

でも、ダウンフレーム・コピーライティングを

身につけたあなたなら、

それぞれの整体師の方の

個性や特徴を引き出し、

より魅力的に

表現することができるのです。

 

 

 

 

あなたがもし自宅のリビングで

あなたの得意なことを教える教室を

開いたとします。

 

 

どんなコピーライターに頼んでも、

ほかのひとの教室と同じようなコピーしか

書いてはくれないのです。

 

 

でも、

ダウンフレーム・コピーライティングを

身につけたあなたなら、

あなただけの

教室の特徴やメリットを

ワクワクするような

魅力あふれる表現で

コピーライティングすることが

できるのです。

 

 

そして、あなたと同じように

教室を開きたいと思っている方に

こんどはその方だけの

コピーを提供してさしあげることが

できるのです。

 

 

そんなコピーライターのあなたを

世の中はほおっておくはずが

ありません。

 

 

なぜなら、

世の中の起業家たちが、

企業のひとたちが、

個人事業主のひとたちが

書いてもらいたいのは

そんなコピーだからです。

 

 

そして、そんなコピーを

書いてくれるひとがいない、

いるかもしれないが見つからない、

というのが現実なのです。

 

 

おかげさまで、

前回発表した

『起業のための

ダウンフレーム・コピーライティング

Academy』

すでに多くの方々がご興味いただき、

 

 

セミナー&説明会を待たずに、

本申し込みをしたいという方からの

お問い合わせも多数いただきました。

そして、いよいよ11月1日(火)夜7時から、

『起業のための

ダウンフレーム・コピーライティング

Academy』の

セミナー&説明会の

お申し込み受付を開始いたします。

 

 

このセミナー&説明会だけ

お受けいただいても、

起業のためには充分といえる

内容になっている

自信を持って断言できます。

 

 

 少しでも早く詳細を

お知りになりたい方はメルマガに

ご登録いただき11月1日(火)の夜7時

スマホまたはPCがつながるところで

ご案内のメールが届くのをお待ちください。

 

 

いつかは起業したいと

思っていたあなたが

3ヶ月後にはもう起業している。

 

 

その誇らかな笑顔が

この野崎美夫には

はっきりと見えるのです。

 

 

ぜひ、次回も

見逃さないでくださいね!

 

 

【今回のワーク】

 

コピーライティングを

本気で学ぶ時間を

確保するために

3ヶ月間だけ控えることを

書き出してください。

(例:飲み会、スマホゲーム、テレビなど)

 

 

また、

少しでも早く詳細を知りたいかたは 

今夜7時に

配信されるメールを

見逃さないよう

メモや手帳に

記入してください。

 

 このつづきはこちら

【緊急告知第8弾★募集開始★ 】あなたの起業は、自由なライフスタイルはもう始まっているのです

 

 

 

野崎 美夫
1958年、横浜生まれ。同志社大学文学部卒業。
広告企画制作・株式会社エヌワイアソシエイツ、総合広告代理店・株式会社インターストラテジー、ソーシャルメディア専門広告代理店・株式会社ソルト等の経営者であり、広告プロデューサー、ブランディングプロデューサー、コミュニケーションクリエイター、ディレクター、コピーライター、コーチ、セミナー講師、作家、詩人として幅広く活動。大手企業の広告キャンペーンを手がけ、多くの商品をヒットに導く。30年以上の広告人としてのキャリアの中で培った、商品の隠れた可能性を見つけ、付加価値を高める独自のブランディング手法を確立。そのブランディングノウハウを広く提供し、著名人の撮影やクライアントのパーソナルブランディングをプロデュース。プロフィール構築からポートレート撮影、目標達成や成功をサポート。クライアントは多岐にわたり、カリスマブランディングプロデューサーとしても定評を集める。マイケル・ボルダック認定コーチ。経済産業大臣登録中小企業診断士。

1行100万円のコピーライター 野崎美夫が教える世界一カンタンな キャッチコピー 作りメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事