ボキャブラリーを増やすために。あの糸井重里さんに叱られたこと

LINEで送る
Pocket

糸井重里さんの
お名前を
あなたもご存知でしょう。

 

いまは
ネット新聞、
『ほぼ日』の編集長として、

もしかしたらあなたもお使いの
ほぼ日手帳の企画制作者として、

 

さらには、
日本を代表する
オピニオンリーダーの
おひとりとして、

素晴らしいご活躍を
つづけておられます。

 

でも、
いまから30年以上前の
日本の
コピーライターブームは、

この糸井重里さんから
はじまったことを
知るひとは、

もしかしたら、
少なくなってしまったのかも
しれません。

 

「不思議、大好き。」

 

「おいしい生活。」

 

糸井重里さんがつくられた
数々の
名作キャッチコピー。

 

時代を動かしたという
言葉は、

そのまま
糸井重里さんを
表現する言葉

といっても
過言ではありません。

 

この糸井重里さんが

講師のひとりを
務められていた「広告学校」。

 

僕は、その
1期生でした。

そんな「広告学校」の
糸井重里さんが先生だった
ある日の授業で。

 

糸井さんは、
授業のはじめに
こんなことをおっしゃいました。

 

「みんな、国語辞典を出して。」

 

なんの前ぶれもなく、
そんな言葉を聞いた学友たちは
みんな怪訝な顔をしていました。

 

国語辞典を持ってくるように
などという指示は
一切なかったのですから
無理はありません。

 

そんな僕らに、

 

「君たち、コピーライターを目指しているのだろう。
 コピーライターは言葉のプロなのだから、
 国語辞典くらい
 いつももっていないとね。」

 

自慢ではありませんが、
僕はその教室のなかでたったひとり、
国語辞典を持っていました。

 

あまりに
当たり前のことですが、

コピーは言葉でできています。

 

その言葉が
ぎっしり集められた
国語辞典と仲良くすることは、

あなたが
キャッチコピーを書くためにも
きっと大切なことの
ひとつに

違いありません。

 

国語辞典で
勉強しよう、

などと肩に力を入れる必要は
ありません。

 

でも、
国語辞典と
仲良くなって

決して
損はありません。

 

 

野崎 美夫
1958年、横浜生まれ。同志社大学文学部卒業。
広告企画制作・株式会社エヌワイアソシエイツ、総合広告代理店・株式会社インターストラテジー、ソーシャルメディア専門広告代理店・株式会社ソルト等の経営者であり、広告プロデューサー、ブランディングプロデューサー、コミュニケーションクリエイター、ディレクター、コピーライター、コーチ、セミナー講師、作家、詩人として幅広く活動。大手企業の広告キャンペーンを手がけ、多くの商品をヒットに導く。30年以上の広告人としてのキャリアの中で培った、商品の隠れた可能性を見つけ、付加価値を高める独自のブランディング手法を確立。そのブランディングノウハウを広く提供し、著名人の撮影やクライアントのパーソナルブランディングをプロデュース。プロフィール構築からポートレート撮影、目標達成や成功をサポート。クライアントは多岐にわたり、カリスマブランディングプロデューサーとしても定評を集める。マイケル・ボルダック認定コーチ。経済産業大臣登録中小企業診断士。

1行100万円のコピーライター 野崎美夫が教える世界一カンタンな キャッチコピー 作りメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事