コピーライティングを本気で学びたいひとの【コピーの学校】Vol.4

LINEで送る
Pocket

 
コピーライティングで最も大切なこと、
それは「何を伝えるか」ということです。
 
あなたがもし、いまあるキャッチコピーを作る
なかなかいい一行が思い浮かばず悪戦苦闘しているとしたら、
 
あなたがもし、メルマガとかブログとかFacebookとか
ある長いコピーを書くに、キーボードを叩く指が
止まってしまっているとしたら、
 
前に、「何を伝えるか」
「何を伝えたいか」「何を伝えるべきか」
考えてみてください。
 
それがあいまいなままキャッチコピーを作ろうとしても、
長いコピーを書こうとしても、それは無理な相談です。
 
コピーにしようとしなくていいで、
「何を伝えるか」「何を伝えたいか」「何を伝えるべきか」
アトランダムに箇条書きで書き出していってください。
 
実際、日本を代表する大手企業、
日本を代表する大手広告代理店で、
数社による競合プレゼンテーションが行われるとき、
戦いメインテーマは、
「何を伝えるべきか」ということです。
 
マーケティングなどという大げさな言葉を使わなくても、
マーケティング理論や知識を知らなくても、
「何を伝えるべきか」は考えられるはずです。
 
ここでもうひとつ大切なことは
“考える”ということです。
 
キャッチコピーも長いコピーも、
思いつくもではありません。
 
なんとなくコピー神さまが
天才コピーライター達に思いつかせているような
そんな錯覚をしているひともいるようですが、
ごく一度、ほん一握り天才を除いて、
コピーは思いつくもではなく、考えるもです。
 
そして、僕は今回あなたに
どうやって考えていけばいいか、
それをひとつひとつわかりやすく解説していきたいと思っています
 
コピーがどんどん思いつくひとは、
読んでくれなくていいし、読む必要もありません。
 
僕があなたと呼びかけているあなたは、
書けずに苦しんでいる、そんなあなたなですから。
 
まずは、「何を伝えるべきか」
それを考えることからはじめてみてくれませんか。
 
とき、必ずノートなりパソコンに
箇条書きを残していってください。
 
こんなくだらない、などと思わずに
なかにあるすべてを文章に落としていってください。
 
箇条書きがやがてコピー作り
山になることをいまは信じて
ぜひやってみていただきたいです。
 
野崎 美夫
1958年、横浜生まれ。同志社大学文学部卒業。
広告企画制作・株式会社エヌワイアソシエイツ、総合広告代理店・株式会社インターストラテジー、ソーシャルメディア専門広告代理店・株式会社ソルト等の経営者であり、広告プロデューサー、ブランディングプロデューサー、コミュニケーションクリエイター、ディレクター、コピーライター、コーチ、セミナー講師、作家、詩人として幅広く活動。大手企業の広告キャンペーンを手がけ、多くの商品をヒットに導く。30年以上の広告人としてのキャリアの中で培った、商品の隠れた可能性を見つけ、付加価値を高める独自のブランディング手法を確立。そのブランディングノウハウを広く提供し、著名人の撮影やクライアントのパーソナルブランディングをプロデュース。プロフィール構築からポートレート撮影、目標達成や成功をサポート。クライアントは多岐にわたり、カリスマブランディングプロデューサーとしても定評を集める。マイケル・ボルダック認定コーチ。経済産業大臣登録中小企業診断士。

1行100万円のコピーライター 野崎美夫が教える世界一カンタンな キャッチコピー 作りメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事