1.ひとの心を揺さぶる普遍のコード進行、『カノンコード』

LINEで送る
Pocket

YouTubeでも人気のこの

まず、これを聴いてください。

 

ドイツの作曲家、ヨハン・パッヘルベルが1860年頃作曲したといわれる『カノン』という名曲があります。
この『カノン』のコード進行が「カノンコード」といわる不朽のコード進行なのです。

 

数々のヒット曲、大ヒット曲、100万枚突破の超大ヒット曲がこの「カノンコード」をダウンフレームして作曲されていることが、このYouTubeの『カノン進行メドレー』でおわかりいただけたと思います。

 

あのKANさんの『愛は勝つ』を筆頭に、岡村孝子さんの『夢をあきらめないで』、サザンオールスターズさんの『真夏の果実』、 ZARDさんの『負けないで』、太田裕美さんの『木綿のハンカチーフ』、そして山下達郎さんの『クリスマス・イブ』と、いったいどれだけのミリオンセラーが「カノンコード」をダウンフレームして生まれたのか。もちろん、洋楽もありますし、『ジングルベル』のような子どもの頃から親しんできたメロディも実は『カノンコード』のダウンフレームだったのです。

 

 

もういちど、原曲の『カノン』を聴いてみてください。

 

『カノン』は正確にはカノン様式という音楽様式のひとつをパッフェルベルが作曲したもので、ベートーベンをはじめさまざまな作曲家が、それぞれの『カノン』を作曲しています。そのなかでも、不朽の名作といわれているのがこのパッフェルベルの『カノン』なのです。

 

いまから300年以上前に作ったこの曲がいまも世界の音楽界の普遍のヒットの法則としてダウンフレームされているのです。

 

ちなみ、この『カノン』を作曲したパッフェルベルの曲で、いまもよく聴かれているのはこの『カノン』しかないというのは、ある意味皮肉ですし、とても興味深いことです。

 

このひとの心に心地よく響く永遠不滅ともいえるコード進行を、パッフェルベル自身は、ダウンフレームしなかったということなのですから。

野崎 美夫
1958年、横浜生まれ。同志社大学文学部卒業。
広告企画制作・株式会社エヌワイアソシエイツ、総合広告代理店・株式会社インターストラテジー、ソーシャルメディア専門広告代理店・株式会社ソルト等の経営者であり、広告プロデューサー、ブランディングプロデューサー、コミュニケーションクリエイター、ディレクター、コピーライター、コーチ、セミナー講師、作家、詩人として幅広く活動。大手企業の広告キャンペーンを手がけ、多くの商品をヒットに導く。30年以上の広告人としてのキャリアの中で培った、商品の隠れた可能性を見つけ、付加価値を高める独自のブランディング手法を確立。そのブランディングノウハウを広く提供し、著名人の撮影やクライアントのパーソナルブランディングをプロデュース。プロフィール構築からポートレート撮影、目標達成や成功をサポート。クライアントは多岐にわたり、カリスマブランディングプロデューサーとしても定評を集める。マイケル・ボルダック認定コーチ。経済産業大臣登録中小企業診断士。

1行100万円のコピーライター 野崎美夫が教える世界一カンタンな キャッチコピー 作りメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事