コピーライティングを本気で学びたいひとの【コピーの学校】Vol.1

LINEで送る
Pocket

 

設立ご挨拶

 

僕ほどコピーが書けなかったコピーライターはいない

僕はそう断言できます。

 

どうしたらコピーが書けるか、

どうしたらすぐれたキャッチフレーズが思いつくか、

まったくわからないままに

僕はコピーライターという肩書きだけを背負って、

疾風怒濤20代を全力疾走していました。

 

全力疾走といっても、匍匐前進ほども前に進めず、

原稿用紙を前に途方に暮れながら日々を過ごしていました。

 

そんななか、本田技研やスズキ自動車キャンペーンを担当し、

ヤマハテニスウェアコピーを書き、

日本ビクターAV機器広告をはじめ、

日本を代表する大手企業キャンペーンを担当していました。

 

でも、そときコピーを書くため自信も根拠も

なにもなかったが正直なところだったです。

 

かわり、僕ほどコピーライティングについて

一生懸命勉強した人間はいなかったに違いないと

それだけはいまだに断言できます。

 

二十代頃、僕平均睡眠時間は

3時間を切っていました。

 

収入少なさと睡眠時間少なさと友達少なさだけは

誰にも負けなかったといまでも思っています。

 

そして、30年以上コピーライターとして仕事をしてきて、

直属部下だけでも100数十人コピーライターを育てあげ、

延べ1000人近く方々にコピーライティングをご指導してきました。

 

そんななか、コピーなんて誰でも書けるとか、

苦労しなくても誰でもコピーライターになれるとか、

そんな甘い言葉にせられてセミナーを受講し、

情報商材を入手するも結局書けず終い

コピーライティング難民だけが増えている。

 

そんな現状を憂うとともに、

ほんとうに心からコピーライティングをマスターしたい、

コピーライターになりたい、

 

そんな方を応援し、ほんとうに書けるようになって

コピーライターとして活躍していただけることを切に願い

コピーライティングを本気で学びたいひと

コピー学校を設立することにいたしました。

 

甘い言葉や戯れ言やリップサービスは一切排除して、

本音で本当ことを伝えさせていただきたいと思います。

 

日本一まっとうな【コピー学校であることだけを念頭に

本日、開校いたします。

 

コピーライティングを学びたい方、

コピーライターになりたい方、

ぜひご一読ください。

 

野崎 美夫
1958年、横浜生まれ。同志社大学文学部卒業。
広告企画制作・株式会社エヌワイアソシエイツ、総合広告代理店・株式会社インターストラテジー、ソーシャルメディア専門広告代理店・株式会社ソルト等の経営者であり、広告プロデューサー、ブランディングプロデューサー、コミュニケーションクリエイター、ディレクター、コピーライター、コーチ、セミナー講師、作家、詩人として幅広く活動。大手企業の広告キャンペーンを手がけ、多くの商品をヒットに導く。30年以上の広告人としてのキャリアの中で培った、商品の隠れた可能性を見つけ、付加価値を高める独自のブランディング手法を確立。そのブランディングノウハウを広く提供し、著名人の撮影やクライアントのパーソナルブランディングをプロデュース。プロフィール構築からポートレート撮影、目標達成や成功をサポート。クライアントは多岐にわたり、カリスマブランディングプロデューサーとしても定評を集める。マイケル・ボルダック認定コーチ。経済産業大臣登録中小企業診断士。

1行100万円のコピーライター 野崎美夫が教える世界一カンタンな キャッチコピー 作りメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事